様子の良い人

Posted on September 9th, 2013

子供の頃、親戚中で一等好きだったおじさんがいる。正巳おんちゃん。

なんでそんなにも好きだったか…といえば…お年玉の桁が違ったから。

桁が違ったというのは言い過ぎか…。

でも、ふつう2-3,000円しか貰えない時代に、正巳おんちゃんは、10,000 円もくれた。

高額なお年玉をくれる正巳おんちゃんに対する僕の評価は「良いおんちゃん」であったが、まあよくよく考えれば、「自分にとって、都合が良い」という実に身勝手な評価であることは間違いない。

僕に限らず、人は己にとって都合の良い人を「良い人」と言う場面が多い。

逆に自分には別段メリットや利益はないけれど、それでも『良い人』と言いたくなるのはどんな人だろう。

『様子の良い人』という言葉がある。

いつも笑顔が自然で美しかったり、いつもどことなく品があったり、いつも上等ではなくてもこぎれいな格好をしていたり…そんな人をそう呼ぶ。

ところが、それらの全てであったり、それらの一部であったり、それらと縁のない人でも、様子の良い人はいる。

つまり、そんな言葉で定義しづらいのが様子の良い人なのである。

感じが良い…に近いが、感じが良いというのは、どことなく上から目線である。

気さくな人…にも近いような気がするが、気さくなというとなにやらバカっぽい。

上品な人…はたしかに様子が良いが、上品という言葉自体がまた定義しにくい。

とかくこうした説明しにくい日本語は、衰退の途をたどることが多い。

なくなったところで、「これこれこういう意味」と明確に説明できる言葉であれば、蘇生も可能なのだろうが、「説明しづらい」というのが、なくなっていくまでの主たる事情だったりすると、なくなってしまった後では、蘇りようがない。

脱線したけれど、『様子の良い人』は「自分にとっての都合」とは関係なしに「良い人」と評される人の代表例なのかもしれない。

自分と相手との関わりの都合によらず、その人がそこにいるだけで「良い人」にもっと注目してもいいんじゃあるまいか。

まずは、様子の良い人を身の回りから探して、「様子が良いね」と笑ってみることから始めるか。


既得権益にしがみつくとビジネスチャンスを逃す

Posted on September 9th, 2013

古くは、Grateful Dead の「自由に録音したまえ!なライブ」にはじまり、野口五郎のお持ち帰りライブなど…
はいライブ楽しかった!
-> 今のライブの音源(動画)を来た人だけに販売(プレゼント)
-> ちょーうれしー!!たのしーー!
ちうサービスが大盛況。



ちょっと「いいな!」な音源は 簡単に安価に入手できる。

つまり、『ブツ』は入手できる。

ネットを通じて、色々なモノをオンデマンドに入手できるよーに…というサービスもたいへん結構である。



しかし、そのライブを、その映画を、恋人や気の置けない仲間と見に行って、聴きに行って、はじめて手に入れられる『その日の想い出』や『その日の感動』は、有限な人生の一部である「その日」の『経験』を『ブツ』と結びつけるサービスが今後とも見直されるんだべな−。



「サービス提供側の都合」を「サービス享受側の都合」に合わせていけば、成功するんだが、どーも、著作権などの「サービス提供側の都合」に凝り固まると、チャンスを逃すぜ!

換言するなら、「既得権益にしがみつくこと」が「ビジネスチャンスを逃すこと」なのだと知るが大事ぜ。

職場の冷蔵庫で写真をとる阿呆を袋だたきにする阿呆

Posted on September 5th, 2013

見ず知らずの他人が冷蔵庫で写真を撮ったこと
 = 悪行 + メディアリテラシー欠如 -> 「許すまじ!」
…だけれど、友人が同じ事をすれば -> 「しょーがねーなw」

「見ず知らずの他人」の「たった一つの悪行や反道徳的行為」をもって、「その人の人間性を決めつける」というのは、結果『誤解』である場合が多い。
我々は実は、そのことを理解している。
そういう決めつけに『陥りやすいのが人間』ということも知っている。

そうした意味で、「見ず知らずの他人」の「自分に直接の不利益のない行動」をことさらに論い叩くという行為自体が実は「はしたない」行為なのである。
それは「反道徳的」とまでは言えないかも知れないが、見ず知らずの人が行った行為と同様に、褒められた行為ではない。

しかし一方、「はしたない行為」は「公の場」で行えば咎められるべきであっても、ときとして、『お茶の間』であれば許される。

Twitter という場を『準:お茶の間』と捉えるのは是か非か。
仮に『是』とするなら『準お茶の間』の「はしたない行為」は悪いことではないという理屈になる。

Twitter の『公の場』としての側面を重視するなら、彼のした行為は大きく道を踏み外していることになるが、同じくTwitter という公の場でそれを論う行為も同様に非難されて然るべき反道徳的行為になりはしないだろうか?

メディアリテラシーに言及するならば、Twitter で自分のした阿呆な証拠写真を晒す人のメディアリテラシーもさることながら、見ず知らずの人の阿呆な行為によってたかって「許すまじ!」と袋だたきにする人たちのメディアリテラシーもいかがなものか。

あかの他人のメディアリテラシーに欠けた反道徳的行為 を「許せない!」と、(同じく)Twitter上で叫び袋だたきにすること自体もまた「はしたない行為」ではないのか?


反道徳的行為を行った人の身近にいる彼や直接の被害・不利益を被った人は、その反道徳的行為に憤り、それを糺そうと彼を叱る…というのは当たり前である。
しかし、彼や彼の行為との距離が遠いあかの他人の立場では、抱いた憤りをコントロールする方が上品であり道徳的である。

となれば、踊る阿呆と見る阿呆、どちらも、いわゆる阿呆の血のしからしむるところと言うところか。
(かく言う僕も、有頂天家族の台詞が言いたかっただけ…な阿呆である)

iCloud の無料アップグレード有効期限が切れる!と焦ってストレージプラン を購入する前に試すべきこと

Posted on September 2nd, 2013

古くから iCloud (MobileMe、.Mac)を利用中の方(iPhone / iPad など iOSデバイスをお持ちの方)の中には以下のような メールが来てますね。


大変だ!
9月中に何とかしないと、10月になったら、バックアップがぶっ壊れて…
それにしても 20GBなんてどんなデータを入れてんだ?
どっかに、バックアップデータの明細みたいなのがないのか?

…ありました!

まず、iPhone から以下を確認。
設定 > iCloud



> ストレージとバックアップ

> ストレージを管理



スクリーンショットを撮る前に、実は、今は使っていない iPad 1st gen のバックアップも残っていました。(7GB超)
そこで、これはまるごと削除しました。
※ 当該デバイスでないと、削除の詳細な設定はできません。(丸ごと削除するかしないかしか選べません)

さて、いよいよ iPhone 4S のバックアップの詳細を見てみます。






使っている領域が大きい順にアプリケーションが並びます。
カメラロールだのカメラ!(Awesome Camera)だので、6.5GB超ありました。
写真などのバックアップは、母艦に USB接続する度に、Dropbox の Camera Uploads フォルダに自動バックアップされますので、iCloud でのバックアップは不要でしょう。オフります。




7.2GBあった iPhone のバックアップが、674.2MB まで減りました。



さて、iPhone から iPad mini のバックアップをいじろうとすると、こんな画面に↓



さきほども言及しましたが、当該デバイス以外からのバックアップの詳細調整はできず、まるごとバックアップを削除するかどうかしか選べません。

…ということで、iPad mini を操作します。

iPhone と同様に、設定 > iCloud > ストレージとバックアップ



> ストレージを管理



当該 iOSデバイス(iPad mini)を選びます。



下図の赤く囲ったあたりが不要のようですので、オフります。






仙厓義梵 の展覧会に行きたい!

Posted on August 30th, 2013

仙厓義梵(せんがい ぎぼん)


西田哲学 西田幾多郎 は、"よく円相図(丸)を好んで描いていたという。"

円相図 と言えば… 仙がい(仙厓)義梵 のコレ↓が有名

これくふて(喰うて)茶のめ


仙厓の狂歌:
美濃国において新任の家老が悪政を行ったことに対して「よかろうと思う家老は悪かろう もとの家老がやはりよかろう」
後に美濃国を追放された際には美濃国と蓑を掛詞とし「から傘を広げてみれば天が下 たとえ降るとも蓑は頼まじ」
絵を依頼に来る者が後を絶たないことについても、自分の家をトイレになぞらえる狂歌を残している。その心は、誰もが来ては紙を置いていくということである(「うらめしやわがかくれ家は雪隠か 来る人ごとに紙おいてゆく」)。


仙厓展覧会

そして、2013/09/21 - 11/04 まで、仙厓展覧会が開催中だぞ!出光美術館!

2013年9月21日(土)~11月4日(月・休)

日本の美・発見VIII 仙厓と禅の世界
特集展示:一休ゆかりの床菜菴コレクション
軽妙洒脱な書画によって多くの庶民に慕われた江戸時代の禅僧、仙厓。本展では仙厓を育んだ禅の世界について探ってみたいと思います。



ちなみに、出光美術館は…
8月19日(月)~9月20日(金)まで臨時休館しているらしい。
つまり…展示室拡張工事直後の杮落とし的展覧会!

面白そう!
出光と言えば…百田尚樹の『海賊とよばれた男』のモデル出光佐三とも繋がる。
百田尚樹と言えば…探偵ナイトスクープの放送作家…ナイトスクープ好きとしてもちと嬉しい。


情報って『後払い』が正しくね?

Posted on August 29th, 2013

Facebook とかやってると、「おもしろそう」とか「ん?どゆこと?」「先が読みたい!」とか思っても、どっかの Facebook ページに「いいね!」しないと、その先を読むことができないポスト…とかあるじゃない?

朝日新聞とかのサイトでも「こんなことがありましたぜ!だんな!」みたいな見出しで、冒頭のちょこちょこした『(誤用の方の)さわり』しか読めなくて、その先を読みたいなら、メアドとかの個人情報晒して登録すれば、一日3つまで…イヤならカネ払え!…みたいなのも似た「ガッカリ感」を憶える。

そういう『出し惜しみ』されて、あげく「囲い込まれる」感じって、すごくガッカリする。 「疲れる」と言い換えてもいい。

シェアとか購読とか、してもしなくてもどっちでもいいよー…という前提じゃないと、そこんちに信頼なんて置けない。

だからといって、情報をタダで入手したい…情報なんてタダが当たり前だろ?…と言いたいわけじゃない。

『上質な情報』には「対価」を支払うべきだと思う。

でも、「上質な情報か否か」は、受け取る側が決めるべきだと思うの。

つまりは、『後払い』が正しい。

もう一つ言うなら…

「お金」だけが『対価』じゃないと思う。

「いいね!」でも、RTでも、シェアでも「対価」に違いはないし… その情報を(出典を詳らかにした上で)さらに整理して、自分の知っている(調べた)別の情報を付加して、考察した新たな情報…でもいいだろうし…

そう。「お金を払えとは言わないから、いいね!して下さい」という考えは根本が間違っている。お金も手間も新たな別の情報も「対価」にかわりはないんだから。

  • ちゃんと全部丸ごと読めること(後払いであること)
  • お金だけが対価じゃないと定義すること
  • 囲い込もうとしないこと

このみっつを情報提供側も享受側も共通認識にすれば、もっと有機的に面白い化学反応が期待できる希ガス。


リモートマシンのGlobalIPアドレスを報告させるシェルスクリプト

Posted on August 29th, 2013

特定のリモート客先マシンから、(あるURLに)httpアクセスした結果のソースを常時ローカルホストのどこかにタイムスタンプ順に貯めておきたい…という用途で、作った シェルスクリプト。

決まった時間ごとに(cronを使って)環境変数を吐きださせるページにアクセスさせて、そのソースをストアしておくことにより、環境変数(とくに Global IP アドレス )の変化をモニターすることをイメージした。

※ IPアドレスの行だけを取り出すとかは、grep を使うとかであとでなんとでも

※ ため込む先を Dropbox 内とかにすると、当該 Dropbox アカウントを使うすべてのマシンに同様に蓄積されるので便利かも

※ cron で回すのが前提(cron が標準出力を持たないので、そこんとこ考慮済み)

こんな感じ↓

  1. wget をインスコしておく (下記例ではインスコ先は、/usr/local/bin/wget )
  2. 環境に合わせてカギ括弧([])内を書き換える(カギ括弧自体は不要)
  3. 適当な名前で、実行権限をつけて保存
  4. crontab -e で cron で回す

※ 下記例では、   (myPREFIX=hogeで、タイムスタンプ 2013/08/27 16:20:10の場合) hoge130827162010.txt というファイル名で、ローカルホストのTARGET_DIR 内に、wget の結果ソース全体が保存される。

==============

#!/bin/bash

FILE=$(mktemp -t temp [フォルダ内に生成されるファイルの接頭文字列])

/usr/local/bin/wget [URLテキスト] --output-document="$FILE"

HOST=[scpの宛先ホスト名 or IPアドレス]

USER=[ユーザー名]

PASS=[パスワード]

TARGET_DIR=[/Volumes/から始まるパス名(最後は スラッシュ付き)]

myPREFIX=[scpされるファイルの接頭文字列]

expect -c "

set timeout 10

spawn scp "$FILE" ${USER}@${HOST}:${TARGET_DIR}${myPREFIX}date +%y%m%d%H%M%S.txt

expect {

\" Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? \" {

send \"yse\r\"

expect \"password:\"

send \"${PASS}\r\"

} \"Password:\" {

send \"${PASS}\r\"

}

}

expect {

\"denied\" { exit 2 } \

eof { exit 0 }

}

"

echo "$FILE"


不思議な文字 pͪoͣnͬpͣoͥnͭpͣa͡inͥ

Posted on August 7th, 2013

ポンポン・ペイン…? 良く見ると、上部には、「腹いたーい」とな…? うまいこと言わはるやないの!w

…でも、この文字って見たことない。 どういう理屈のどういう文字なのだろう? いわゆる 欧州圏の国のアクサンだの文字なのだろうか?

…と "pͪoͣnͬpͣoͥnͭpͣa͡inͥ" でググるも、顔文字扱いな情報しか Hit せず。

ふと思いついた。 …数値文字参照だとどうなる? 数値文字参照変換スクリプト ちうサイトで "pͪ" 一文字だけ調べてみると…

pͪ

ん? "p" が、p だから、一文字なのに、"p" ともう一文字(ͪ)の合計二文字分で数値文字参照されるの?

(紆余曲折…省略)

ダイアクリティカルマーク っちうヤツらしい。

"ダイアクリティカルマーク英語: diacritical mark)は、ラテン文字等の文字で、同じ字形の文字であるが、発音が区別されるべき場合に文字に付される記号のこと。あえて日本語の文字で似た概念を探せば、濁点半濁点に相当するであろう。"

ふむふむ…

"コンピュータ処理では、ダイアクリティカルマークのついた文字に独立した文字コードを与えているもの(ISO/IEC 8859UnicodeJIS X 0213など)が多いが、別の方法として、親字の前または後に特殊なコードを置くことによって表記する方法がある。前に置く例としてはISO/IEC 6937英語版)が、後に置く例としてはUnicodeでCombining Diacritical Marksと呼ばれる一連のコード(U+0300からU+036Fまで)がある。"

これだ!

ダイアクリティカル・マーク(合成可能) における…

036A ◌ͪ COMBINING LATIN SMALL LETTER H

ってーのを、"p" という文字の Unicode(x70)に続けて置くことで、"pͪ" が表されるわけだ! スッキリ!

Combining Diacritical Marks[1] Unicode.org chart (PDF)
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+030x ̀ ́ ̂ ̃ ̄ ̅ ̆ ̇ ̈ ̉ ̊ ̋ ̌ ̍ ̎ ̏
U+031x ̐ ̑ ̒ ̓ ̔ ̕ ̖ ̗ ̘ ̙ ̚ ̛ ̜ ̝ ̞ ̟
U+032x ̠ ̡ ̢ ̣ ̤ ̥ ̦ ̧ ̨ ̩ ̪ ̫ ̬ ̭ ̮ ̯
U+033x ̰ ̱ ̲ ̳ ̴ ̵ ̶ ̷ ̸ ̹ ̺ ̻ ̼ ̽ ̾ ̿
U+034x ̀ ́ ͂ ̓ ̈́ ͅ ͆ ͇ ͈ ͉ ͊ ͋ ͌ ͍ ͎ ͏
U+035x ͐ ͑ ͒ ͓ ͔ ͕ ͖ ͗ ͘ ͙ ͚ ͛ ͜ ͝ ͞ ͟
U+036x ͠ ͡ ͢ ͣ ͤ ͥ ͦ ͧ ͨ ͩ ͪ ͫ ͬ ͭ ͮ ͯ
Notes 1.^ As of Unicode version 6.1

最近気に入っている Evernote 連携 2種

Posted on July 30th, 2013

Clearly

ブラウザのアドオン(機能拡張)として追加するのだけれど、これの良さは… 大きめのフォントを使ったプレーンなフォーマットと、読み上げ機能(Text-to-speech feature) に尽きる。

譬えば、

こんなサイトが、

こう変わる。

特に僕のように、長期間が長渕剛に見える系のオトナな方には、この大きなフォントでシンプルかつプレーンなフォーマットは大変ありがたい。 この状態で、右ペインのフキダシマーク)をクリックすると、読み上げ機能(Text-to-speech feature)がトリガされて、(自動的にそのサイトに適した言語で)読み上げを始めてくれる。 これが案外、使えるレベルなのである。

四六時中、モニタを睨み続けている職業の人間には、目を休ませながら、ラジオ的に情報を耳で取得できるというのは、うれしい。 また、別のページを見ながらでも(タブが裏に行ってしまっても)読み上げ続けてくれるので、別作業をしたり、別ページを見たりしながらでも、(譬えば、長文のメールなどを)耳から別の情報が聞けるというのは面白い。 (脳みそが、へへへ…と喜んだ)

Chrome 用 Webクリッパー による Gmail(Google Apps)のクリッピング

Evernote なのだから、タグ付けで整理しやすく…というあたりは、当たり前なので割愛。 うれしいのは、上述の Clearly のような 大きめのフォント・シンプルかつプレーンなフォーマットで、保存してくれるところ!

例を…

こんなメールを Webクリッパーでクリップすると…

↓こうなります。

そもそも、メールなんてーのは、テキストの内容が見やすいかどうか勝負。 長期間が…(ry)な人たちじゃなくてもうれしいはず。 ※ Evernote のプレミアム・コース契約者(有料契約者)だと、添付の PDFなども同時に Evernote に保存され、添付ファイル内のテキストでの検索も効くらしい。(プレミアム・コース契約者ですけど、未検証です)


bison

ICT Consultant, Solutions Developer, StudioBISON