Showing all posts tagged #thoughts:


自己愛こそがすべてだとしたら…それも悪くない

Posted on December 16th, 2013

天才とはなにか?一知半解が露わになるのを怖れずに言うなら、なんだか知らんが小さな努力で大きな結果を得ることのできる脳みそを持つ人間のことだ。反論は許さない…というよりむしろ反論はナンセンスだ。錆び付いただけのネジなら頭を叩けば回せもするが、私のネジは錆びのみでできている。槌で叩けば砂塵に帰す。
そもそも、凡人サンプルとも言うべき、「絵に描いた凡人」たる私が言うことである。反証して頂いたところで、それをそれと解するほどの脳みそが私にはない。
したがって、黙ってこの先を読み進めるか、さっさと読み飛ばすかどちらかにして欲しい。

脳みそ…入力された情報群を処理して、出力として異なる(進化した/退行した)答えを出すための、入力と出力の間に位置する処理機関である。(ここで「スケトウダラの白子のような…あのブツ…を指しているのではなく、概念としての脳みその話だ」…などと冗長に言いたがるのも、私の脳みそが凡庸な証左である)

偶さかみつけた少しの知識の切れ端を、己が発明発見に取り違えて、ご機嫌にスキップを披露するほどの脳天気。
果ては、その『偶さか』を『必然必至なルールに基づいた自らの能力の証』であるかのような妄想的自己愛に囚われて信じ込む。

自己愛…自分を愛さずに誰を愛せるというのだ…わかったように聞こえる物言いで、端(はな)からシニカルなニヒリストを気取り言を続けよう。

「人は自分を愛すること」のみをエネルギーの源として生きていく生き物である。

女性が言う「優しい人が好き」の『優しい人』とは「自分を認めてくれる人」である。
我が子ができて子供嫌いが直った気になる勘違いも、その小猿のようなシワクチャの顔に、自分を見つけるからである。

自分を愛することそれ自体をどうこう言いたいのではない。自分を愛する故に自らの中に自然発生的に最初に湧き起こる「自己愛の力学」に知らんフリして、なんとなくのボンヤリした思い込みを、髪の毛一本の疑いもなく信じ込むというのは恥ずかしくはないのか…と言っているのである。

床の間の掛け軸に書いた未来永劫変わることのない宇宙の真理のように思っている君の中のその真実が、自己愛で汚れているとしたら震えないか?

もし君が嫌煙論者なのであれば、自分を疑ってみて欲しい。タバコが身体に良くないことが真実でも、愛煙家が悪なのではない。
もし君が愛煙家なのであれば、自分を疑ってみて欲しい。君は、タバコを愛しているのではなく、タバコを吸うときの安らかなあのひとときの自分が好きなだけなのだ。自分や他人の健康よりも。

自己愛の他所に、なにかルールや真理めいた美しい法則が原始の掟のように先に在って、世の中はすべてその法則に従って回っていると決めつけていないだろうか。真ん中にあるその法則は見つけ出せる類の真実であり、人は古来ずっと、その真実の周りで湖畔を周回するミツバチのようにグルグル回っているが、いずれその法則はだれかが必ず見つけ出せるのだと…そんな妄想に皆で囚われていないだろうか。

全ての尺度の基本となり、それさえ知れば、善悪・優劣・老若・男女・高低・軽重…すべての判断が可能になる…そんな『メートル原器』のような普遍的真実…それが何かはわからないけれど、それがあることだけは誰もが信じている…そんな気になってはいるが、よくよく考えてもみたまえ。だれかとその存在を確認し合ったことがあるのか?
まるで、見てもいないものを見てきたかのように終生「あの世」の話をしながらあの世に行ったGメンの親分の話のように滑稽だ。

締め付け固定工具のような名前の大阪の女流マンガ家集団の作品の台詞で「世の中に偶然なんてないわ。あるのは必然だけ。」というのがあるが、こう仮定してみて欲しい。

実は世の中に必然なんてない。あるのは偶然だけ。
あえて言うなら、自己愛だけが、産まれた途端にそこに在るものすべてだと付け加えよう。

どうだろう。すべての強欲や無欲・あらゆる慈善と略奪…それらの一見相容れないカップルが据わりよく仲睦まじく暮らしている桃源郷が見えはしないだろうか。

ペースメーカーと携帯電話 in 満員電車

Posted on November 20th, 2013

★ 距離指針22cm


平成9年の協議会の指針を受けて、総務省が平成17年に策定された指針として、影響を受けない距離『22cm』が謳われた。
(この指針は医療機関、関係省庁、植込み型医療機器業界、携帯電話業界等を通じて幅広く周知されており、現在まで国内において携帯電話を含め電波利用機器による植込み型医療機器における電磁干渉問題は発生していない。 )


これは、満員電車、欧米と異なる携帯電話方式 などの日本独自の状況に鑑みての実験が元になっている。
※ 最大の影響が確認された 1.5 GHz 帯のPDC 方式(第 2 世代携帯電話方式の1 つ)を利用する国は世界において日本のみ


ただし、この実験は、所謂第2世代と呼ばれる電話と、当時の植込み型医療機器(ペースメーカーなど…と呼ばれるが、 植込み型心臓ペースメーカと、植込み型除細動器などが含まれる)との実験である。


★ 国際規格制定と第2世代携帯サービスの終了


この実験の後、欧米で植え込み型医療機器の世界標準となる規格が制定される。
この規格の中には、『電磁妨害(EMI)』に対する耐性『電磁両立性(EMC)』の基準があり、これが、6インチ(約15cm)の距離で、EMI耐性が担保されることという項目がある。(この規格に適合しないと、商品として流通できない)
日本では、すべてから欧米からの輸入に頼っている。
したがって、日本の30-40万人と言われる植え込み型医療機器装着者のほとんどが、この規格適合のものを使用している。


また、平成24年7月25日をもって、第2世代携帯のサービスは終了ということになり、第3世代以降の携帯については、(第2世代と比べて)電磁影響が小さくなっている。


以上の事実に鑑みて、EMI耐性が大きく改善した世界標準規格の適合品の植え込み型医療機器と、第3世代以降(LTEを含む)の携帯電話機 を対象にした実験を新たに(去年?or一昨年)行った。


★ 実験の結果


CDMA2000 1xEV-DO Rev. A方式の携帯電話端末実機から電波を発射した場合の影響は、植込み型心臓ペースメーカ 40 機種のうち 5 機種で発生し、総試験数に対する影響発生試験数の割合は 3.8 %であった。また、最も遠く離れた位置で影響が発生した機種の距離は 1 cm 未満であり、その影響度合いはレベル 2であった。


(レベル2 の影響:持続的な動悸、めまい等の原因になりうるが、その場から離れる等、患者自身の行動で現状を回復できるもの)


スクリーニングのための試験として、半波長ダイポールアンテナから電波を発射した場合の影響は、植込み型心臓ペースメーカ 40 機種のうち6 機種で発生し、総試験数に対する影響発生試験数の割合は 5.8 %であった。また、最も遠く離れた位置で影響が発生した機種の距離は 3 cmであり、その影響度合いはレベル 2 だった。


(電波の医療機器等への影響に関する 調査研究報告書 平成24年3月 P31-32)


最大で3cm以内に近づけなければ有意な影響は認められない…と要約できる。


★ 新しい指針策定への道


とはいえ、今後の携帯電話の新方式、周波数、および端末がどうなるかはわからないので慎重に(マージンをとって)検討すべき。(同 P39)
※ 携帯電話米国規格のANSI/AAMI PC69 の第2 版(ANSI/AAMI PC69: 2007)では電波発射源である半波長ダイポールアンテナの入力電力の値が 40 mWから120 mWに引き上げられている(同 P58)


諸外国の距離指針は総じて 15cm(6インチ)である。
従って、植え込み型医療機器を欧米からの輸入に頼る日本も距離指針を15cmにとるということは合理性がある。(同 P39)


一方、国内の植え込み型医療機器装着者は増加傾向(30-40万人と推計)(同 P58)
社会全体で装着者が安心して生活できる環境を作っていくことが求められる。(同 P42)


★ さまざまな検討案とその却下理由


「距離指針を記載しない」という検討案は…


安全側に振った試験であるとはいえ、実際に試験では影響が発生している国際規格が定める試験によって、15cm 相当の距離では携帯電話の影響を受けないことが確認されている。したがって、指針の中に距離を明記しないことは影響の防止策としては不十分…故に却下。(同 P40)


「現世代(第3世代)以降の携帯電話方式における最大干渉距離に安全マージンをとった値とする」という検討案は…


そうするには、追加実験を行い、現在の最大干渉距離を出す必要があるので却下。(同 P40)


「今までそれで問題が起きなかったという事実を評価して、従来通りの 22cm でいく」という検討案は…


22cm という距離指針の根拠になってきた携帯電話サービスが終了する中で、世界でも最も厳しい日本の距離指針を維持する根拠がみつからない。
だからやはり現状に合わせた新しい指針は必要…却下。(同 P41)


★ 結論


新たな指針の具体案では、現行指針の「近接した状態となる可能性がある場所(例:満員電車等)では」という表現を「密着した状態となる可能性がある場合(例:満員電車等)」に置きかえた。(同 P42)
(下の句は、「その携帯電話端末等の電源を切るよう配慮することが望ましい。」)


※ 『近接』が『密着』に、『場所』が『場合』にそれぞれ変化している。
つまり、満員電車であっても、「他人と(携帯が15cm以上の距離がとれないほど)密着する可能性がない場合」においては、携帯の電源を切る配慮は必要ない…と読み取れる。


携帯電話端末及び PHS端末の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止する ための指針


     ア 植込み型医療機器の装着者は、携帯電話端末の使用及び携行に当たっては、携帯電話端末を植込み型医療機器の装着部位から 15 cm程度以上離すこと。
また、混雑した場所では付近で携帯電話端末が使用されている可能性があるため、十分に注意を払うこと。


     イ 植込み型医療機器の装着者は、PHS 端末の使用に当たっては、アの携帯電話端末と同様に取り扱うこと。
PHS 端末を植込み型医療機器へ近づけた場合に全く影響を受けないわけではなく、また、PHS端末と携帯電話端末が外見上容易に区別がつきにくく、慎重に取り扱うという意味で、携帯電話端末と同様に取り扱うことが望ましい。


     ウ 携帯電話端末及び PHS 端末の所持者は、植込み型医療機器の装着者と密着した状態となる可能性がある場合(例:満員電車等)、その携帯電話端末等の電源を切るよう配慮することが望ましい。


※ ここで今更だが注目すべきなのは…
アおよびイは、植え込み型医療機器の装着者本人にたいしての指針であり、本人以外の携帯電話端末所持者についての言及は、ウのみであるという点。

新聞を読まない人はダメなのか?

Posted on October 16th, 2013

ネタに困ったブロガーはいまさら新聞を読め --- 永江一石のITマーケティング日記」 を読んで…

この方、いまだに「情報源は多い方がいいに決まっている」と断言してる。

なんだかなー…

情報は広い方が良い…つーのはある意味納得できるけれど、「情報は多い方が良い」ってのは違うでしょ?

あ「情報は…」じゃなくて「情報源は…」か。

「新聞でなければ得られない」という類の情報があるのであれば「新聞」という情報源は意味を持つでしょうね。

僕には見いだせませんけど。

まず、想起されることは…

絶対に失念しては鳴らない情報・必ず拾うべき情報…を決定するときには、忘却すべき情報・捨てるべき情報という補集合が存在します。

一方、情報を理解して、脳内処理の材料にして、自分の考えを決める…という処理には、時間というリソースが必要です。

だから…捨ててしかり…という類の情報は、はじめっから拾わないのが合理的。

(新聞の情報が、すべて、はじめから拾う価値がないと言っているのではありませんよ。念のため。)

一口に「情報」つったって…

世事もあれば、自分の専門分野のソフトウェアがアップデートしてえらく方向性が変わる…というような「世間の人には意味が無くても自分には重要な情報」もあります。

自分の嗜好としてのベクトルは、世事よりむしろ、自分にとって重要な情報に向かう…それは自然なことです。

そして重要なことです。

新聞に載るような情報で、自分にとって重要な情報が、新聞からでなければ入手できないとは思わないのです。

重ねて言いますが、新聞に載っている情報なんて無意味であると言っているのはありません。

「新聞を読んで吸い上げよう」という方向にハンドルを切るのは、無意味だと思うだけです。

もう「吸い上げよう」「取り込もう」としなければ、情報が入ってこなかった時代でありません。

情報のシャワーを浴び続けることを余儀なくされる時代に生きているのです。

ひとりの社会人としてオトナとして知っておいた方が良い…という全てのオトナにとって必要な情報は、勝手に必要分入ってくる環境さえ作ればいいだけです。

それは、SNSでもいいし、ニュースサイトのRSSでもいい。

そもそも完全なシャットアウトなんてできないのだから、「新聞を読むこと」それ自体が「褒められるべき行為」だと盲信することに違和感を禁じ得ません。


様子の良い人

Posted on September 9th, 2013

子供の頃、親戚中で一等好きだったおじさんがいる。正巳おんちゃん。

なんでそんなにも好きだったか…といえば…お年玉の桁が違ったから。

桁が違ったというのは言い過ぎか…。

でも、ふつう2-3,000円しか貰えない時代に、正巳おんちゃんは、10,000 円もくれた。

高額なお年玉をくれる正巳おんちゃんに対する僕の評価は「良いおんちゃん」であったが、まあよくよく考えれば、「自分にとって、都合が良い」という実に身勝手な評価であることは間違いない。

僕に限らず、人は己にとって都合の良い人を「良い人」と言う場面が多い。

逆に自分には別段メリットや利益はないけれど、それでも『良い人』と言いたくなるのはどんな人だろう。

『様子の良い人』という言葉がある。

いつも笑顔が自然で美しかったり、いつもどことなく品があったり、いつも上等ではなくてもこぎれいな格好をしていたり…そんな人をそう呼ぶ。

ところが、それらの全てであったり、それらの一部であったり、それらと縁のない人でも、様子の良い人はいる。

つまり、そんな言葉で定義しづらいのが様子の良い人なのである。

感じが良い…に近いが、感じが良いというのは、どことなく上から目線である。

気さくな人…にも近いような気がするが、気さくなというとなにやらバカっぽい。

上品な人…はたしかに様子が良いが、上品という言葉自体がまた定義しにくい。

とかくこうした説明しにくい日本語は、衰退の途をたどることが多い。

なくなったところで、「これこれこういう意味」と明確に説明できる言葉であれば、蘇生も可能なのだろうが、「説明しづらい」というのが、なくなっていくまでの主たる事情だったりすると、なくなってしまった後では、蘇りようがない。

脱線したけれど、『様子の良い人』は「自分にとっての都合」とは関係なしに「良い人」と評される人の代表例なのかもしれない。

自分と相手との関わりの都合によらず、その人がそこにいるだけで「良い人」にもっと注目してもいいんじゃあるまいか。

まずは、様子の良い人を身の回りから探して、「様子が良いね」と笑ってみることから始めるか。


既得権益にしがみつくとビジネスチャンスを逃す

Posted on September 9th, 2013

古くは、Grateful Dead の「自由に録音したまえ!なライブ」にはじまり、野口五郎のお持ち帰りライブなど…
はいライブ楽しかった!
-> 今のライブの音源(動画)を来た人だけに販売(プレゼント)
-> ちょーうれしー!!たのしーー!
ちうサービスが大盛況。



ちょっと「いいな!」な音源は 簡単に安価に入手できる。

つまり、『ブツ』は入手できる。

ネットを通じて、色々なモノをオンデマンドに入手できるよーに…というサービスもたいへん結構である。



しかし、そのライブを、その映画を、恋人や気の置けない仲間と見に行って、聴きに行って、はじめて手に入れられる『その日の想い出』や『その日の感動』は、有限な人生の一部である「その日」の『経験』を『ブツ』と結びつけるサービスが今後とも見直されるんだべな−。



「サービス提供側の都合」を「サービス享受側の都合」に合わせていけば、成功するんだが、どーも、著作権などの「サービス提供側の都合」に凝り固まると、チャンスを逃すぜ!

換言するなら、「既得権益にしがみつくこと」が「ビジネスチャンスを逃すこと」なのだと知るが大事ぜ。

職場の冷蔵庫で写真をとる阿呆を袋だたきにする阿呆

Posted on September 5th, 2013

見ず知らずの他人が冷蔵庫で写真を撮ったこと
 = 悪行 + メディアリテラシー欠如 -> 「許すまじ!」
…だけれど、友人が同じ事をすれば -> 「しょーがねーなw」

「見ず知らずの他人」の「たった一つの悪行や反道徳的行為」をもって、「その人の人間性を決めつける」というのは、結果『誤解』である場合が多い。
我々は実は、そのことを理解している。
そういう決めつけに『陥りやすいのが人間』ということも知っている。

そうした意味で、「見ず知らずの他人」の「自分に直接の不利益のない行動」をことさらに論い叩くという行為自体が実は「はしたない」行為なのである。
それは「反道徳的」とまでは言えないかも知れないが、見ず知らずの人が行った行為と同様に、褒められた行為ではない。

しかし一方、「はしたない行為」は「公の場」で行えば咎められるべきであっても、ときとして、『お茶の間』であれば許される。

Twitter という場を『準:お茶の間』と捉えるのは是か非か。
仮に『是』とするなら『準お茶の間』の「はしたない行為」は悪いことではないという理屈になる。

Twitter の『公の場』としての側面を重視するなら、彼のした行為は大きく道を踏み外していることになるが、同じくTwitter という公の場でそれを論う行為も同様に非難されて然るべき反道徳的行為になりはしないだろうか?

メディアリテラシーに言及するならば、Twitter で自分のした阿呆な証拠写真を晒す人のメディアリテラシーもさることながら、見ず知らずの人の阿呆な行為によってたかって「許すまじ!」と袋だたきにする人たちのメディアリテラシーもいかがなものか。

あかの他人のメディアリテラシーに欠けた反道徳的行為 を「許せない!」と、(同じく)Twitter上で叫び袋だたきにすること自体もまた「はしたない行為」ではないのか?


反道徳的行為を行った人の身近にいる彼や直接の被害・不利益を被った人は、その反道徳的行為に憤り、それを糺そうと彼を叱る…というのは当たり前である。
しかし、彼や彼の行為との距離が遠いあかの他人の立場では、抱いた憤りをコントロールする方が上品であり道徳的である。

となれば、踊る阿呆と見る阿呆、どちらも、いわゆる阿呆の血のしからしむるところと言うところか。
(かく言う僕も、有頂天家族の台詞が言いたかっただけ…な阿呆である)

仙厓義梵 の展覧会に行きたい!

Posted on August 30th, 2013

仙厓義梵(せんがい ぎぼん)


西田哲学 西田幾多郎 は、"よく円相図(丸)を好んで描いていたという。"

円相図 と言えば… 仙がい(仙厓)義梵 のコレ↓が有名

これくふて(喰うて)茶のめ


仙厓の狂歌:
美濃国において新任の家老が悪政を行ったことに対して「よかろうと思う家老は悪かろう もとの家老がやはりよかろう」
後に美濃国を追放された際には美濃国と蓑を掛詞とし「から傘を広げてみれば天が下 たとえ降るとも蓑は頼まじ」
絵を依頼に来る者が後を絶たないことについても、自分の家をトイレになぞらえる狂歌を残している。その心は、誰もが来ては紙を置いていくということである(「うらめしやわがかくれ家は雪隠か 来る人ごとに紙おいてゆく」)。


仙厓展覧会

そして、2013/09/21 - 11/04 まで、仙厓展覧会が開催中だぞ!出光美術館!

2013年9月21日(土)~11月4日(月・休)

日本の美・発見VIII 仙厓と禅の世界
特集展示:一休ゆかりの床菜菴コレクション
軽妙洒脱な書画によって多くの庶民に慕われた江戸時代の禅僧、仙厓。本展では仙厓を育んだ禅の世界について探ってみたいと思います。



ちなみに、出光美術館は…
8月19日(月)~9月20日(金)まで臨時休館しているらしい。
つまり…展示室拡張工事直後の杮落とし的展覧会!

面白そう!
出光と言えば…百田尚樹の『海賊とよばれた男』のモデル出光佐三とも繋がる。
百田尚樹と言えば…探偵ナイトスクープの放送作家…ナイトスクープ好きとしてもちと嬉しい。


情報って『後払い』が正しくね?

Posted on August 29th, 2013

Facebook とかやってると、「おもしろそう」とか「ん?どゆこと?」「先が読みたい!」とか思っても、どっかの Facebook ページに「いいね!」しないと、その先を読むことができないポスト…とかあるじゃない?

朝日新聞とかのサイトでも「こんなことがありましたぜ!だんな!」みたいな見出しで、冒頭のちょこちょこした『(誤用の方の)さわり』しか読めなくて、その先を読みたいなら、メアドとかの個人情報晒して登録すれば、一日3つまで…イヤならカネ払え!…みたいなのも似た「ガッカリ感」を憶える。

そういう『出し惜しみ』されて、あげく「囲い込まれる」感じって、すごくガッカリする。 「疲れる」と言い換えてもいい。

シェアとか購読とか、してもしなくてもどっちでもいいよー…という前提じゃないと、そこんちに信頼なんて置けない。

だからといって、情報をタダで入手したい…情報なんてタダが当たり前だろ?…と言いたいわけじゃない。

『上質な情報』には「対価」を支払うべきだと思う。

でも、「上質な情報か否か」は、受け取る側が決めるべきだと思うの。

つまりは、『後払い』が正しい。

もう一つ言うなら…

「お金」だけが『対価』じゃないと思う。

「いいね!」でも、RTでも、シェアでも「対価」に違いはないし… その情報を(出典を詳らかにした上で)さらに整理して、自分の知っている(調べた)別の情報を付加して、考察した新たな情報…でもいいだろうし…

そう。「お金を払えとは言わないから、いいね!して下さい」という考えは根本が間違っている。お金も手間も新たな別の情報も「対価」にかわりはないんだから。

  • ちゃんと全部丸ごと読めること(後払いであること)
  • お金だけが対価じゃないと定義すること
  • 囲い込もうとしないこと

このみっつを情報提供側も享受側も共通認識にすれば、もっと有機的に面白い化学反応が期待できる希ガス。


bison

ICT Consultant, Solutions Developer, StudioBISON