川井さんちからやってきた Mac mini 2011、XCode と OS X Server 3(Mac OS X Server Mavericks)のインスコだけは済んだ。
ついでに、アンインストール時に関連ファイルを捨ててくれる、AppCleaner (Donation Ware) 、自動実行ユーティリティ Hazel も入れた。
※ Hazel は、設定によって、アプリケーションをゴミ箱に捨てる動作を感知して、AppCleaner で感知しない関連ファイルも捨ててくれる(機能がある)が、過敏すぎる傾向があるので、都度チェックが必要。

さて、何はともあれ、エディタである。

TextMate 2 のダウンロードとインストール

Mac OS X のエディタでのオススメと言えば、やはり、TextMate。
(単なるエディタというより、Code Project Manager)
ずっと、日本語の問題で気持ち悪かった TextMate だけれど、2012年に オープンソース化されて、alpha版とは言え、TextMate 2 では日本語が問題なく使える。
前回 Mac Pro に入れたときには、パッケージ版がなかった(探せなかった?)ので、ソースからビルドしたのだけれど、どうやら、パッケージdmg がダウンロードできるらしい。
色々調べたら、Macromates のダウンロードページのものが最新(2.0-alpha.9515)みたい(2014/03/13 14:48:46)

TextMate 2.0 alpha Mac OS X 10.7 (i386)


FileMaker tmbundle のダウンロードとインストール

次に、Text Mate で FileMaker を使うときに便利な FileMaker.tmbundle をダウンロードする

GitHub の FileMaker.tmbundle ページから、zipファイルをダウンロード。


解凍して、"FileMaker.tmbundle-master"フォルダを "FileMaker.tmbundle" にリネームする。

FileMaker.tmbundle をダブルクリックすると、「FileMaker bundle インスコすんの?」と訊かれるのでインスコ。


FileMaker.tmbundle がインストールされるパス(細かい話なので読み流してもOK)

以前は、
$HOME/Library/Application\ Support/TextMate/Bundles
に入ってたと思うのだけれど、見当たらない。探してみると…
$HOME/Library/Application\ Support/Avian/Pristine\ Copy/Bundles
にあった。このあたりの情報は Webにないものかと探すと…
にあった。曰く…

Bundles フォルダは4箇所あって…公式のBundles は、GitHub のレポジトリから自動アップデートされて、
$HOME/Library/Application\ Support/TextMate/Managed/Bundle
にインストールされ、サードパーティの Bundles は、
$HOME/Library/Application\ Support/Avian/Pristine\ Copy/Bundles
にインストールされ、
$HOME/Library/Application\ Support/Avian/Bundles
は、公式やサードパーティの Bundles をカスタマイズした差分や自作の Bundles の場所だとのこと。

Syntax Color Highlighting 以外の機能

これでとりあえず、Syntax Color Highlighting などいくつかの機能は問題なく効くが、他のいくつかの機能については(環境によって)問題がある。
これはおそらく、TextMate1 の Bundles なので、TextMate 2 との Bundles の(Plugins 部分の)コンパチビリティの問題だと思う。
…ということで、現在調査中。←イマココ(2014/03/13 17:38:50)