Showing all posts tagged #technology:


Typinator に FileMaker の変数を登録及び使用する方法

Posted on January 26th, 2015

FileMaker の開発で 設定したグローバル変数を呼び出すとき「あれ?どんな変数名を登録したっけ?」というとき、うろ覚えの変数名をインクリメンタルサーチできるようにする方法。。

Typinator に選択範囲を登録するショートカットキーコンビネーションを設定して、FileMaker の変数を登録しとくと、ひたすら便利。

準備編

Typinator の設定

1)Typinator に variables(任意)という Abbreviaton Set を作る


2)左上カラムから variables (手順2 で作った Abbreviation Set)を選択し、Information ボタンをクリック

3) Prefix & Suffix で、下図の赤い四角にそれぞれピリオド(任意)を入力して、OK ボタンをクリック
 ※ Abbreviation として設定した文字列を入力した際に自動的に展開されないようにするため

4)Typinator の Preferences から、Quick Search に ^⏎ (任意)を、Create new item from… > Selection に ^⇧4 (任意)を設定する


使用編

変数を Typinator に登録

5)FileMaker で 変数を設定する度に、変数名を選択して ^⇧4(手順4の Create new item from… > Selection で設定したキーボードショートカット)を叩く

6)Add to Set に variables(手順1 で設定した Abbreviation Set名)を選択し(初回のみ)、Abbreviation に $$_ + 名前空間名(任意)を入れ、Add ボタンをクリック(Add ボタンクリックの代わりに fn + ⏎ でもOK)

変数をブラウズし、入力

5)すでに設定した変数を入力するときは、^⏎(手順2 で Quick Search のショートカットとして設定したもの)を打って、Quick Search ウインドウを出し、$$に続けて適宜入力することで、Typinator に登録されたグローバル変数名がインクリメントサーチされるので、適宜矢印キーで選択して⏎もしくはクリックで入力する






Amazon Route 53 で Postach.io のカスタムドメインを設定

Posted on November 5th, 2014

Facebook に書いたように

"DNS は Amazon Route53 で無問題かちら?
自分用/顧問先用含め、そこいらにとっちらかって使っているホスティング/レンタルサーバを、可用性、機密性、完全性、コストパフォーマンス、共に優秀などこかのクラウド上に集約すっぺかな…と考え中。まずは、DNS から…。"
…てなことで、Route53 を使ってみた。

ま、Amazon Route53 を知らない人も数字を見て明らかなように、DNS サービスだす。

せっかくなので、意味のある実験をすべぇと…
Postach.io (※)内の自分ちのブログ別館を、つい登録した mylog.jp で開けるように設定してみる。

Postach.io
Evernote で、 “postach.io" というノートブックにあって、"published" というタグが付いているエントリの内容をそのままBlog のように公開してしまうちう便利なサービス ※ 最近、有料コースも出てきた。$50/年で SSL / マルチユーザー / マルチブログ なのが有料コースのベネフィット



Postach.io でやること

1. Postach.io にログインして、対象のサイト名横の鉛筆マークをクリック

2. 使いたいドメイン名を入力し UPDATE SITE DETAILS をクリック
※ Learn how to configure custom domains をクリックした先のページ(下図)で、Postach.io サイトのIPアドレスが表示されるので、メモしておく。

3. これを Route 53 で作成する Aレコードの Value に指定するべくメモしておく。



Amazon Route 53 でやること

1. Route 53 をクリック



2. DNS Magagement の Get Started Now をクリック


3. Create Hosted Zone をクリック



4. Create Hosted Zone をクリック


5. Doman Name に使用するドメインを、Comment に適切なコメントをそれぞれ入力し、Create ボタンをクリック


6. Go to Record Sets をクリック


7. Create Record Set をクリック


8. Value に対象のドメイン名(ネイキッドドメイン)で飛ばしたい先の IPアドレス(『Postach.io でやること』でメモしておいた IPアドレス)を入れて、Create をクリック。



お名前.COM でやること



1. 表から、対象の [ドメイン] の [ネームサーバー] > [変更する]



2. [他のネームサーバーを使用] タブ > [ネームサーバー情報を入力] 欄に、Amazon Route53 のNSのValue欄の IPアドレス群をプライマリネームサーバー(セカンダリネームサーバー)にそれぞれ入力し、[確認画面へ進む] をクリック
※ このとき、末尾に ".(ピリオド)" が入っていないことを確認します。
※ Amazon Route 53 からコピーしたときに、DNSレコードの内容からコピーした場合、ピリオドが入っている場合があります。



3. [設定する] をクリック



完了

EyeTribe --- 視線の移動をポインティングデバイスに

Posted on September 9th, 2013


http://theeyetribe.com/

Leap は、思いの外、肩が凝ることに気付き、同時に、思った以上に、自分の、(マウスやトラックパッドなどの)従来型ポインティングデバイスの扱い能力の高さに気付いたことから、Mac Pro から取り外してしまっているが…
視線…ですか…。
良さ気…ですね…。

bison

ICT Consultant, Solutions Developer, StudioBISON