FileMaker の開発で 設定したグローバル変数を呼び出すとき「あれ?どんな変数名を登録したっけ?」というとき、うろ覚えの変数名をインクリメンタルサーチできるようにする方法。。

Typinator に選択範囲を登録するショートカットキーコンビネーションを設定して、FileMaker の変数を登録しとくと、ひたすら便利。

準備編

Typinator の設定

1)Typinator に variables(任意)という Abbreviaton Set を作る


2)左上カラムから variables (手順2 で作った Abbreviation Set)を選択し、Information ボタンをクリック

3) Prefix & Suffix で、下図の赤い四角にそれぞれピリオド(任意)を入力して、OK ボタンをクリック
 ※ Abbreviation として設定した文字列を入力した際に自動的に展開されないようにするため

4)Typinator の Preferences から、Quick Search に ^⏎ (任意)を、Create new item from… > Selection に ^⇧4 (任意)を設定する


使用編

変数を Typinator に登録

5)FileMaker で 変数を設定する度に、変数名を選択して ^⇧4(手順4の Create new item from… > Selection で設定したキーボードショートカット)を叩く

6)Add to Set に variables(手順1 で設定した Abbreviation Set名)を選択し(初回のみ)、Abbreviation に $$_ + 名前空間名(任意)を入れ、Add ボタンをクリック(Add ボタンクリックの代わりに fn + ⏎ でもOK)

変数をブラウズし、入力

5)すでに設定した変数を入力するときは、^⏎(手順2 で Quick Search のショートカットとして設定したもの)を打って、Quick Search ウインドウを出し、$$に続けて適宜入力することで、Typinator に登録されたグローバル変数名がインクリメントサーチされるので、適宜矢印キーで選択して⏎もしくはクリックで入力する