元ネタ:Enable Webviewer Inspector in any app using WebKit

Safari で開発メニューをオンにする

Safari > 環境設定… > 詳細 で
[メニューバーに”開発”メニューを表示] をオンに

WebKitDeveloperExtras を true に

Terminal.app で以下のコマンドを打つ

FileMaker Pro 11 Advanced の場合
defaults write com.filemaker.client.advanced WebKitDeveloperExtras -bool true

FileMaker Pro 12 Advanced の場合
defaults write com.filemaker.client.advanced12 WebKitDeveloperExtras -bool true

FileMaker Pro 11 の場合
defaults write com.filemaker.client.pro WebKitDeveloperExtras -bool true

FileMaker Pro 12 の場合
defaults write com.filemaker.client.pro12 WebKitDeveloperExtras -bool true


使い方


FileMaker で、対象にしたい Webビューアの設定で
[Webビューア内容とのインタラクションを許可] をオンになっていることを確認


FileMaker で、対象にしたい Webビューア上で右クリック、"要素の詳細を表示” を選択
※ 右クリックで 要素詳細を表示が出てこなければ、FileMaker を再起動



蛇足

Safari の WebKit を使っているアプリであればほとんどすべてこのパターンでできるっぽい。

WebKit を使っているアプリの .plist ファイルを
~/Library/Preferences/ 下で探す。
そのファイル名が当該アプリのドメイン名。
※ 項目名は WebKitDeveloperExtras

defaults write [ドメイン名] WebKitDeveloperExtras -bool true